電子カルテの見たい情報はクラウドで確認

今や、総合病院などの大きな病院では、紙のカルテではなく電子のカルテの導入が進んでいます。病院で診察を受けた時、診察室に入るとまず目につくのが縦と横になったパソコンのモニタではないでしょうか。そして入院すると、先生たちは端末一つで往診に来るのを見た事はないでしょうか。あれこそ正しく、電子カルテです。個人の病院でもカルテの電子化は進んでいますが、まだ紙のカルテで運用しているところも多いです。では、何故、紙のカルテより電子カルテの方がいいのでしょうか。それは、紙のカルテは患者が増えれば増えるほど置き場に困り、そして、個人情報である為、保存する場所も必要なのです。ですが、電子カルテの場合、カルテを置く場所を作る必要性がないのです。電子カルテの情報の保管場所は、クラウドと呼ばれるインターネットを通して必要な分だけサービスを受けるものです。

電子のカルテをクラウドで導入する際のメリットとデメリット

電子のカルテをクラウドで導入する際の最大のメリットは、紙と違い、置き場所を作る必要性がないことです。同じ電子カルテでも、クラウドを導入していない電子カルテの場合、大量のデータを補完するサーバーを設置する場所を要します。そのサーバーも容量が限られてくるため、途中でサーバーの容量を増やしたり、サーバーのアップデートなど、サーバー自体の管理が必要となってきますし、もし、サーバーがダウンした場合、電子カルテは一切使えません。ですが、クラウドはインターネットを通している為、サーバーを置く場所も必要ありませんし、容量も必要な分だけ使用することが可能な為、増えるデータにも迅速な対応が可能です。あとは、総合病院などの色々な科が多く存在している場合、往来履歴や、今までの病気の履歴、血液検査やレントゲンを受けた際、その検査結果が瞬時に必要な科で見られるということです。

電子のカルテのクラウドを導入して運用する際の注意点

クラウドを導入し、カルテを電子にすることで、とても運用が円滑になります。ですが、コストが非常に高額です。そして、インターネットを通して利用している為、停電してしまうと、とても便利だった端末も、それは単なる媒体に変わってしまいます。大きな病院だとバックアップ用の発電機に切り替わったとしても、長時間はもちません。その間に電気が復旧すれば問題ありませんが、復旧しなければ使用することができない為、患者情報一つ見ることが不可能です。それに、高齢な先生が多い病院ですと、この電子カルテの入力に手間取ってしまう為、紙のカルテを使用したがる先生が多く勤めているでしょう。あと、インターネット回線を使用している為、きちんとしたセキュリティ体制を取らなければいけません。データ漏洩が起これば、大変なことになります。ですので、セキュリティに関してはしっかりと体制をとる事が重要です。