運用コストが必要な電子カルテのクラウド

病院では大きな総合病院から外来のみの個人病院まで、患者数の大小はありますが患者さん一人一人のカルテを保管しています。カルテというのは診療において一番大切なもので、診療の記録です。医師法により記録の義務と、5年間の保管義務があります。大きい病院であればあるほど、カルテの数は膨大になり、その管理も重要になってきます。紙のカルテのデメリットはまずは収納場所が必要になるという事です。他にも字の判別が難しい、紛失のリスクがある、探すのに時間がかかってしまう場合がある、といった事が挙げられます。そこで現在ではパソコンでの電子のカルテによる管理が広がっています。電子のカルテは、一つのパソコンだけではなく色々な科で見られるように複数のパソコンやタブレットで見られるようなクラウドシステムを使っての管理が必要となります。ここでは電子のカルテの特徴や必要なコストなどを解説いたします。

電子のカルテ、クラウドの特徴は?

電子カルテは、今まで紙で管理してきたものを電子化する事によって、多くのメリットが得られます。まずは患者の受診履歴や血液型、アレルギーの有無、処方された医薬品のリストを一目で確認できるという事です。紙のカルテですと、別の科での受診も必要になった場合カルテを持っていかなければならないという事になりますが、電子化されている事、クラウド化されている事によって、パソコンやタブレットとインターネットに早急に繋げられる環境であれば、どこからでもアクセス可能だという事も大きなポイントです。医師がカルテに書き込んだ指示を確実に行ったかを看護師も確認しながら業務を進める事ができ、ミスを防ぐことができます。そして保管のためのスペースが必要なく、手書きではなく画一化されたパソコンの文字なので誰にでも読む事ができます。名前や生年月日さえ入力すればすぐに検索する事ができるので探す時間がかかりません。

電子のカルテのクラウドシステム導入の際に気をつける事

とても便利な電子のカルテですが、そのクラウドシステムはセキュリティも重要なので使用する為にはコストが必要になります。電子のカルテを取り扱っている会社もいくつかありますので一概には言えませんが、電子のカルテの導入の際には440万円ほどかかるようです。そしてその後も、システムトラブルの際の対応やバックアップなど、毎月のランニングコストがかかります。ランニングコストの平均価格は4万5千円ほどのようです。電子のカルテはメリットばかりですが、その分コストがかかる事も忘れてはいけません。もちろんコスト以上に、医師や看護師、受付、会計に渡るまでミスが削減されることや、業務が効率化されるなど得られるものが大きければ、そのコストは高いものではないとも考えられます。病院の規模によっては電子のカルテを導入するほどではないと考えられる場合も多くありますので、よく見極める事が重要です。